SBIHD北尾社長 傘下に収めた「新生銀行」の社名変更を検討

ネット金融大手、SBIホールディングスの北尾吉孝社長は、去年、傘下に収めた「新生銀行」について、社名の変更を検討していることを明らかにしました。

SBIは、去年12月、TOB=株式の公開買い付けで新生銀行の株式の保有比率を48%近くまで増やし、子会社として傘下に収めました。

その新生銀行について、SBIの北尾社長は28日の記者会見で「名は体を表すと言うが、我々が培ってきた事業構築の普遍的な価値観を共有し、意識改革を図る上でも社名変更が必要だ」と述べ、社名の変更を検討していることを明らかにしました。

ことし6月の新生銀行の株主総会で、社名変更の議案を諮ることも視野に入れているということです。

また、前身の旧長銀=日本長期信用銀行に投入された分も含めて、新生銀行に残っている公的資金3490億円の返済について、「グループ一体となってシナジー=相乗効果を追求し、高収益体質を具現化することで道筋をつける」と述べ、ATMの手数料引き下げや海外でのビジネスの強化、それにデジタル化した金融商品の販売など、新たな取り組みを進めていくとしています。

一方、SBIはロシアに子会社の商業銀行を持っていますが、規模が小さく経済制裁などの影響はわずかだとして、今後も事業を続ける考えを示しました。