最大46万件余のクレジットカード情報流出か 不正アクセスで

クレジットカードなどの電子決済の代行サービスを提供している会社のデータベースが不正アクセスを受け、最大46万件余りのクレジットカードの情報が流出した可能性があることが分かりました。

クレジットカードなどの電子決済を代行するサービスを提供している「メタップスペイメント」によりますと、去年12月に提携先のカード会社から「不正利用の可能性がある」という連絡を受けて調査したところ、決済の情報などが格納されている3つのデータベースに対して不正アクセスがあり、カードや決済の情報が流出していたことが確認されたということです。

流出していたのは、去年10月14日から先月25日の間に利用されたクレジットカードの番号や有効期限、それにセキュリティーコードなどの情報、最大で46万395件と、去年5月6日から先月25日までに利用されたコンビニなどでの電子決済の情報593件などです。

会社によりますと、安全性の確認のため一部のサービスを停止しているということです。

メタップスペイメントは「関係者の皆様には、多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。全社を挙げて、一刻も早い事態の収拾と再発防止に取り組み、信頼回復に努めてまいります」としています。