トヨタ 初の量産型EV 当面は“サブスク”のみで取り扱いへ

トヨタ自動車は、2022年半ばに投入する会社として初めての量産型のEV=電気自動車について、当面は、定額で利用できるいわゆる「サブスクリプション」のみで取り扱う方針です。

トヨタ自動車は、2030年には世界で30車種のEVを販売する計画で、このうち量産型としては会社で初となるSUV=多目的スポーツ車のEVを2022年半ばから国内外の市場に投入します。

このEVについて会社では、当面、車の定額利用を行うサブスクリプションサービス「KINTO」のみで取り扱う方針です。

EVの電池は、使い続けると性能が劣化するため、新車を買った人が車を手放す際の下取り価格などへの不安を払しょくすることや、会社が車を保有することで古くなった電池の円滑なリサイクルなどにつなげるためだとしています。

開発責任者の井戸大介車両企画グループ長は「EVの購入を考える人が一番不安に思う点が電池だ。定額利用であれば、精神的なハードルを下げられると考えている」と話しています。

ことしは、トヨタと共同開発したSUBARUなど、ほかのメーカーも相次いでEVを投入しますが、マツダが数年後の下取り価格をガソリン車と同じ水準に保証するローンを設けるなど、EVへの乗り換えに対する消費者の不安を取り除くための取り組みが広がっています。