はがきや手紙の翌日配達なくなる 深夜仕分け取りやめ 日本郵便

日本郵便は深夜に行ってきた郵便物の仕分け作業を2月末までに順次、日中の時間帯に移していて、これにより投かんの翌日に届く普通郵便のサービスは、原則、なくなります。

日本郵便は、はがきや手紙などの普通郵便について、これまで深夜から早朝にかけて行ってきた仕分け作業を、2月末までに全国の郵便局で順次、日中の時間帯に移します。

これにより、これまで投かんの翌日に届くことがあった、同じ都道府県内や近隣の県などに送る場合でも、今後は、投かんの翌日に届くサービスは原則、なくなります。

会社によりますと配達にかかる日数は、深夜の仕分け作業の取りやめと、去年10月から行っている土曜日の配達休止により、従来より1日から最大で3日、長くなるということです。

一方、速達や書留、それにゆうパックなどの宅配便はこれまでどおりで、影響はないということです。

日本郵便では、仕分けや配達業務の一連の改革を通じ、人手不足の解消やコスト削減につなげるとともに、ネット通販の利用の拡大で取り扱いが増える宅配便部門の従業員を増やすことにしています。

斎藤貴郵便・物流事業企画部長は、「今回の見直しは、将来にわたって安定的に郵便サービスを提供し、宅配需要に対応するために必要なもので、ご理解をお願いしたい」と話しています。