連合 芳野会長 新年度予算案に賛成した国民民主党に理解示す

新年度予算案に国民民主党が賛成したことをめぐり、国民民主党の玉木代表と連合の芳野会長が会談し、玉木代表から理由などの説明を受けた芳野会長は理解を示しました。

国民民主党の玉木代表は、24日午後、東京 千代田区の連合本部を訪れ、芳野会長らと会談しました。

この中で玉木氏は、22日の衆議院本会議で、国民民主党として新年度予算案に賛成したことについて「ガソリン価格の値下げの実現に向けた方向性が見えたので賛成した。国民にとっていいものは前に進めていこうという観点で判断した」と説明しました。

会談後、玉木氏とそろって記者会見した芳野会長は「連合としては、新年度予算案に反対しているわけではなく、事前に玉木氏から『働く者のためになる』という考えを聞いていた。政党が決めることであり、国民民主党の考え方は理解している」と述べました。

一方、玉木氏は、今後、政府・与党に積極的に政策提言を行う考えを示していることについて「協議の場を設けていただけるのであればありがたいが、どういう枠組みでやるかは、政府・与党側が決める話だ。われわれとしては、国民のために言うべきことをしっかり言っていきたい」と述べました。