新千歳空港 足止めの客が運転再開した列車へ 受験生にも影響

暴風雪や大雪の影響で列車の運休が続いたため、北海道の新千歳空港では23日夜、大勢の利用客が足止めされました。25日から始まる国公立大学の入学試験の受験生などにも大きな影響がおよびました。

暴風雪と大雪の影響で、JR北海道は23日、札幌と新千歳空港の間の列車を終日運休させ、臨時列車の運転を始めたのは24日午前3時すぎでした。

このため移動できなくなった大勢の利用客が空港に足止めされる事態になりました。

新千歳空港を運営する北海道エアポートなどによりますと、空港にとどまっていた人の数は、最も多かった24日午前3時ごろの時点で4000人余りに上り、このうちおよそ660人が空港のターミナルビルに宿泊したということです。

一夜明けた24日朝、空港では宿泊した人たちが支給された寝袋などの寝具を返したあと、運転が再開された列車に乗るため駅に向かう姿が見られました。

仕事の出張で道内を訪れた20代の男性は「夜中まで臨時列車の発車を待っていましたが、発車時間が遅れるというアナウンスを聞いて、諦めて空港に宿泊することにしました。時間が遅れるならもう少し早く周知してほしかった」と話していました。

東京から来た50代の男性は「とりあえず札幌に行けそうで、ほっとしています。これから列車かバスで札幌市内に向かうつもりです」と話していました。

また、空港のロビーで待っている間、参考書を開いて勉強する受験生もいました。

大学受験のために道内を訪れた静岡県の男子高校生は「本来ならきのう札幌に着いて、ゆっくり受験に臨むはずだったので、出鼻をくじかれて残念な気持ちが大きいです」と話していました。

北海道や北陸 宅配便の配達などに遅れ

大雪の影響で、北海道や北陸地方の一部地域では宅配便の配達などに遅れが出ています。

このうちヤマト運輸は、24日午前11時の時点で、北海道の全域で荷物の配達と他の地域への発送に遅れが出ているほか、新潟県、石川県、富山県の全域で配達に遅れが出ています。
いずれも半日から一日程度の遅れだとしています。

また、佐川急便は、24日午前9時の時点で、北海道と石川県、それに富山県で配達に遅れが出ていて、解消する見通しは立っていないということです。

日本郵便も、北海道で郵便物や荷物の配達、他の地域への発送に、半日から一日程度の遅れが出ています。