“全国2位”が集まって魅力を発信 2並びの日「NO.2サミット」

2022年2月22日の「2」並びにちなんで、日本で2番目に高い山「北岳」がある山梨県南アルプス市など、全国2位のものがある地域が交流して魅力を発信する初めての会合、「No.2サミット」が開かれました。

「No.2サミット」は全国1位の地域と比べて十分に知られていない全国2位の魅力を発信しようと、富士山に次いで日本で2番目に高い山「北岳」がある南アルプス市の民宿の経営者の呼びかけで初めて開かれました。

会合はオンラインで行われ、2番目に大きい湖「霞ヶ浦」がある茨城県かすみがうら市と、2番目に古い時計台「辰鼓楼」がある兵庫県豊岡市の人たちが参加しました。

会合では2月2日を「No.2の日」とする記念日登録証の授与式が行われたあと、「2」が並ぶ、午後2時22分に合わせてくす玉を割り、記念撮影を行いました。

「No.2サミット」は今後も定期的に開かれる予定で、発起人で、南アルプス市で民宿を経営する名取大介さんは、「今後もおもしろく続けることができる活動に育てていき、ナンバー2の場所を巡りたくなるような仕掛けも作っていきたい」と話していました。