スナネコの赤ちゃん3匹誕生 那須どうぶつ王国で2年ぶり 栃木

アフリカなどに生息する世界最小クラスのネコ「スナネコ」の赤ちゃんが、栃木県那須町の動物園で2年ぶりに生まれ、すくすくと育っています。

那須町の動物園「那須どうぶつ王国」では、アフリカの砂漠地帯などに生息する世界最小クラスのネコ「スナネコ」の繁殖に、おととし国内の動物園で初めて成功しました。

そして今月2日に、新たにオス2匹とメス1匹の合わせて3匹の赤ちゃんが生まれました。

21日は報道関係者に体重測定の様子が公開され、赤ちゃんは、はかりに載せるために持ち上げられると、元気に手足を動かしていました。

21日の測定では3匹とも、体重が生まれたときの3倍ほどのおよそ250グラムまで成長していることが確認されました。

3匹のうち2匹は、生まれた直後に低体温などの症状がみられたため、一時的に人工保育を行ったということですが、今は3匹とも母親の「ジャミール」のもとですくすくと育っています。

「スナネコ」の親子は3月下旬ごろに一般公開される予定で、飼育員の平居未羽さんは「お母さんが安心して子育てできる環境をいちばんに考えています。元気に育ってほしい」と話していました。