アフリカ最大級の水力発電用ダムめぐり 国家間対立深まる

エチオピアがナイル川で建設を進めているアフリカ最大級の水力発電用のダムで20日、発電が始まりました。
これに対し、川の下流に位置するエジプトは水不足につながるとして反発していて、水資源をめぐる国家間の対立が深まる事態となっています。

アフリカ東部のエチオピアは、国民の半数以上が電力を十分に利用できないなど電力不足が深刻となっていて、2011年からナイル川の上流で「大エチオピア・ルネサンスダム」の建設を進め電力の確保を急いでいます。
20日は、ダムで初めてとなる発電が始まり、式典に出席したアビー首相は「暗闇に苦しむ6割の国民に光をもたらすことが目標だ」と述べ、水力発電の意義を強調しました。

一方、エチオピアのダム建設をめぐっては、ナイル川に水源を依存する下流のエジプトやスーダンが水不足につながるとして懸念を示してきました。

2015年には、エチオピアは下流への影響を考慮するとした基本的な取り決めが交わされましたが、放水量などの具体的な合意には至っていません。

発電が始まったことを受けてエジプト外務省は声明で「一方的な発電開始は、取り決めに違反する」と反発し、水資源をめぐる国家間の対立が深まる事態となっています。