さわやかな酸味が特徴 宮崎の特産「日向夏」の収穫体験

宮崎県の特産でさわやかな酸味が特徴の「日向夏」の収穫体験が串間市の観光農園で行われ、家族連れなどでにぎわっています。

この日向夏狩りは、ハウスものの収穫時期に合わせて串間市の観光農園が行っているもので、広さ20アールの農業用ハウスでは直径10センチほどの日向夏がたわわに実っています。

宮崎特産の日向夏は、さわやかな酸味がある果肉とほのかな甘みのある白い皮を一緒に食べられるかんきつ類です。

取った実は1つ150円で買い取ることができるということで、訪れた家族連れなどは色つやのいい実を選んでは、はさみを使って丁寧に摘み取り、背負ったカゴの中に入れていきました。

鹿児島県から訪れた女性は「日向夏は白い皮が甘くておいしいと思います。スーパーで買ったものしか食べたことがないので自分でとったものを食べるのが楽しみです」と話していました。

この観光農園の日向夏狩りは来月中旬まで続くということです。