沖縄 右目に大けがの高校生 ”警察官に警棒で殴られた”と説明

先月、沖縄市の路上でバイクを停止するよう警察官に求められた高校生が、右目に大けがをした問題で、高校生が警察に対し「いきなり警察官が目の前に現れて警棒で殴られた」などと説明していることがわかりました。一方、警察官は「手に警棒を持ち、直進してくるバイクを避けようとした時に接触した」などと説明していて、警察が当時の経緯について詳しく調べています。

警察によりますと先月27日の未明、沖縄市の路上で歩いてパトロールしていた29歳の男性警察官と、17歳の男子高校生が乗ったバイクが接触し、その後、高校生は数百メートル離れた場所から、みずから消防に通報して病院に搬送され、右目に大けがをしました。

警察によりますと17日までの2日間、初めて高校生に話を聞いたところ「走行中にいきなり警察官が目の前に現れて、警棒で殴られた」などと説明したということです。

また、その後、現場から離れたことについては「警察官が怖かったから逃げた」などと話しているということです。

一方、警察官は接触した際の状況について後ろからバイクが来たため両手を広げて停止を求めたとしたうえで「手に警棒を持ち、直進してくるバイクを避けようとした時に接触した。接触して手がはじかれたが、具体的にどこが当たったかはわからない」などと説明しているということです。

警察は警棒の鑑定を進めるなど、当時の経緯について詳しく調べています。

高校生のけがをめぐっては、ネット上に「少年が警察官に警棒で殴られて失明した」などとする情報が拡散し、100人以上の若者などが沖縄警察署に集まり、署の窓ガラスを割ったり車両を壊したりしていて、警察が器物損壊などの疑いで捜査を進めています。

一方、警察は18日、この問題をめぐってネット上に「少年は無免許運転で暴走行為をしていた」とか「バイクは盗難されたものだ」といった趣旨の書き込みが拡散したとしたうえで、これについては「事実と異なる」と説明しました。