「西九州新幹線」開業日 ことし9月23日を軸に最終調整 JR九州

長崎と佐賀県の武雄温泉の間を結ぶ「西九州新幹線」の開業日について、JR九州はことし9月23日を軸に最終調整に入り、近く正式に発表する見通しであることが分かりました。

博多駅と長崎駅を結ぶ九州新幹線・西九州ルートのうち、長崎と佐賀県の武雄温泉の間のおよそ66キロの区間は「西九州新幹線」として、ことし秋ごろの開業が予定されています。

関係者によりますと、具体的な開業日について、JR九州はことし「9月23日」を軸に最終調整に入り、近く正式に発表する見通しであることが分かりました。

西九州新幹線は、最新鋭の「N700S」を採用した「かもめ」が導入され、開業日に向けて車両などの試験を進めています。

JR九州は開業日の決定を受けて、駅周辺や沿線の自治体などへの経済効果を高めるため、商業施設などの開発や観光との連携など具体的な地域の活性化計画を進めていく方針です。

一方、西九州ルートのうち新鳥栖ー武雄温泉の間は、地元佐賀県が利便性の低下と多額の財政負担などを理由に反発し、着工のめどはたっていません。