維新 共産の宮本徹衆院議員への懲罰動議提出 “品位を毀損”

衆議院予算委員会の中央公聴会に出席した専門家に対して、品位を著しく毀損する発言をしたとして、日本維新の会は、共産党の宮本徹衆議院議員に対する懲罰動議を衆議院に提出しました。

15日開かれた衆議院予算委員会の中央公聴会で、共産党の宮本徹衆議院議員は、日本維新の会の推薦で出席した専門家に対し「みずからが抱える案件について私的な反論を述べていて、公聴会の在り方として疑問だ」などと発言しました。

これについて日本維新の会は「品位を著しく毀損するもので言語道断だ」として、17日、共産党に謝罪を求めて抗議するとともに、宮本氏に対する懲罰動議を衆議院に提出しました。

日本維新の会の藤田幹事長は、記者団に対し「議員どうしならまだしも、衆議院が正式にお願いした公述人に対する失礼な発言はあってはならず、まずは謝罪すべきだ」と述べました。

共産党は「公述人は、予算案に関係すること以外発言してはならないことが決まっていることを指摘したもので、懲罰に当たる話では全くない」としています。

共産 宮本徹衆院議員「威圧的に口を封じようというやり方」

共産党の宮本徹衆議院議員は、記者会見で「議会人として、こうした公聴会のあり方は看過できないという思いであえて発言した。至極まっとうな指摘に対して懲罰動議で威圧的に口を封じようというやり方はいかがなものかと思う」と述べました。