ワクチン相 子どもへの接種開始前に小児科医会に協力求める

新型コロナワクチンの5歳から11歳の子どもへの接種が始まるのを前に、堀内担当大臣は、日本小児科医会の会長らと会談し「希望する子どもが接種できるようしっかり連携したい」と述べ、協力を求めました。

ワクチンの5歳から11歳の子どもへの接種をめぐって、政府は今月下旬から都道府県にワクチンの配送を始めることにしており、その後、接種が始まる見通しです。

これを前に堀内ワクチン接種担当大臣は16日午後、日本小児科医会の神川晃会長らと会談しました。

この中で堀内大臣は「まもなく各自治体で小児接種が開始されるが、小児科医の皆さんが保護者の相談相手になり、接種していただくことが多いと思う。希望する子どもが接種できるようしっかり連携したい」と述べ、協力を求めました。

これに対し神川会長は「慌てることなく、希望する子どもに打っていくことが大事だ。年齢の大きい子どもは自分の意思で接種できるが、それができない5歳から7歳くらいの子どもには『打ちたくなければ帰ってもいいよ』というくらい丁寧に対応したほうがいい」と指摘しました。