“『医療的ケア児』への接種優先を” 日本医師会 中川会長

新型コロナワクチンの5歳から11歳の子どもへの接種について、日本医師会の中川会長は、オミクロン株に対する有効性などが確認されれば、接種を受けるよう努めなければならない「努力義務」とするのが望ましいという認識を示しました。

新型コロナワクチンの5歳から11歳の子どもへの接種について、厚生労働省は、自治体を通じて接種の呼びかけは行うものの、オミクロン株に対する有効性のデータが十分でないことなどから、当面は、接種を受けるよう努めなければならない予防接種法上の「努力義務」としないことを決めました。

これについて、日本医師会の中川会長は、記者会見で「新型コロナから守ることはもちろん、学びの保障や大切な教育機会の観点からも小児の接種を推奨する。特に『医療的ケア児』への接種を優先することを提案する」と述べ、難病や障害により、日常的にたんの吸引や人工呼吸器などが必要な、いわゆる「医療的ケア児」への接種を優先して進めるよう求めました。

そのうえで、「努力義務」とするかどうかについて「最新の治験が集積されしだい、適用されることが望ましい。『努力義務』になれば強制されるのではないかと懸念する保護者もいると思うが、適用されても本人と保護者が納得したうえで接種することが原則だ」と述べました。