アニメーターの大橋学さん死去 73歳「元祖天才バカボン」など

黎明期からテレビアニメを支え、「元祖天才バカボン」や「ガンバの冒険」、「宝島」など数々の名作を手がけたアニメーターの大橋学さんが今月12日、都内で亡くなりました。73歳でした。

栃木県出身の大橋さんは15歳で東映動画に入社し、「レインボー戦隊ロビン」や「サイボーグ009」などの作品に携わりました。

1972年に設立されたアニメ制作会社などで原画や動画などに取り組み、ギャグが主体の「元祖天才バカボン」を劇画風に表現した個性的な作品や「ガンバの冒険」、「宝島」といった人気アニメを手がけました。

フリーとなってからはキャラクターデザインや作画監督なども担い、NHKの連続テレビ小説「なつぞら」では、劇中に登場して話題となったアニメ「キックジャガー」を担当しました。

大橋さんは自然描写を得意とし、50年以上にわたって第一線で活躍したほか、2015年にはアニメ作家を目指す人のための学校の講師にも就任し後進の育成に力を尽くしました。

家族によりますと今月12日、都内の自宅で急性心疾患のため亡くなりました。

73歳でした。