F15戦闘機墜落事故 新たに2人目の隊員を海で発見 死亡を確認

先月、航空自衛隊のF15戦闘機が石川県沖の日本海に墜落した事故で新たに隊員1人が周辺の海で見つかり死亡が確認されました。当時、戦闘機に乗っていた隊員2人はいずれも死亡しました。

先月31日、石川県にある航空自衛隊小松基地のF15戦闘機1機が訓練のために基地を離陸したあとレーダーから機影が消え日本海に墜落しました。

この事故で当時、戦闘機に乗っていたいずれも小松基地に所属する飛行教導群司令の田中公司1等空佐(52)と飛行教導群飛行教導隊の隊員の植田竜生1等空尉(33)の2人が行方不明になりました。

捜索の結果、今月11日に乗っていた隊員1人が見つかり死亡が確認されましたが、航空自衛隊は新たに隊員1人を13日、周辺の海で発見したと発表しました。小松基地に搬送し死亡を確認したということです。

当時、戦闘機に乗っていた隊員2人はいずれも死亡しました。

周辺の海底では墜落した戦闘機の垂直尾翼の大部分が見つかっていて、航空自衛隊は今週中にも民間のサルベージ船で引き揚げ、墜落した原因の調査を本格化させることにしています。

官房長官「痛恨の極み」

松野官房長官は14日午後の記者会見で「わが国の防衛のために尽くしてきた最精鋭の操縦者である2人の貴重な命が失われたことは痛恨の極みであり、ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申し上げる。事故の原因究明については航空幕僚監部に設置された事故調査委員会による調査が引き続き行われていると承知している」と述べました。