新潟 5人死亡の工場火災 従業員“菓子のカスから火が出た”

11日の深夜、新潟県村上市にある菓子メーカーの工場が焼け5人が死亡した火事で、一部の従業員が菓子のカスから火が出たなどと説明していることが消防への取材で分かりました。この工場ではせんべいなどの細かい破片から発火する小規模な火事が過去にも起きていて、警察と消防は火事の原因を詳しく調べることにしています。

11日の深夜、新潟県村上市にある「三幸製菓」の荒川工場で、南側の棟から火が出て全焼し、いずれも清掃作業を担当するアルバイト従業員で、村上市に住む渡邊芳子さん(71)と、胎内市に住む伊藤美代子さん(68)、齋藤慶子さん(70)、近ハチヱさん(73)の4人が死亡しました。

また焼け跡からは1人が遺体で見つかり、警察は連絡が取れていない20代の男性従業員2人のうちの1人とみて確認を進めています。

当時、火が出た棟では30人ほどが働いていたということですが、消防によりますと一部の従業員は製造工程で出る菓子のカスから火が出たなどと説明しているということです。

またこの工場では昭和63年以降、小規模なものを含め8件の火事が起きていて、その多くは製造工程で積もったせんべいなどの細かい破片が生地を焼く機械の熱で発火したことが原因だったということです。

警察と消防は13日朝から連絡の取れていない従業員の捜索を再開するとともに、火事の原因を詳しく調べることにしています。

死亡した女性従業員の知人は

「三幸製菓」の工場火災で亡くなった伊藤美代子さんと35年来の知人の女性は「伊藤さんが亡くなったと聞いて絶句しました。明るく楽しい人でした。『うそ』と叫んでしまいました。一緒に活動していた地域の委員会活動でも一生懸命な方でした」と話していました。

また亡くなった近ハチヱさんについては「元気のいい方でした。亡くなったと聞いて声が出なかった。伊藤さんと同じチームで働いていたと思います」と話していました。