成田到着の貨物便 無くなった重さ60キロの部品 滑走路脇で発見

11日夜、成田空港に到着した貨物便の機体から、長さ4メートル余り、重さ60キロの部品が無くなっていた問題で、部品が滑走路脇で見つかり、航空会社は着陸の際に落下したものとみて原因を調べています。

国土交通省成田空港事務所などによりますと、11日午後9時すぎ、中国 上海から成田空港に到着した日本貨物航空のボーイング747型機の翼に取り付けられていた部品が無くなっていることが、着陸後の点検でわかりました。

部品は左の翼のフラップを動かす部分のカバーで、プラスチックと一部金属でできていて、長さ4メートル40センチ、幅60センチ、重さは60キロあり、国土交通省の分類では航空機の落下部品としては最も大きい区分に該当するということです。

成田空港会社が滑走路を11日夜に点検した際には部品は見つかりませんでしたが、12日午前、機体が着陸した滑走路脇の西側の敷地内で、無くなった部品がほぼそのままの形で見つかったということです。
航空会社は着陸時に落下したとみて原因を調べています。

また、成田空港事務所は今後、航空会社に対し、原因究明と、再発防止を求める文書を出して指導することにしています。