関東甲信 あす午後以降 再び雪の見込み 東京23区でも積雪か

本州の南岸を低気圧が発達しながら通過する影響で、関東甲信を中心に13日の午後以降、雪が降り、東京23区などの平野部でも積もる見込みです。
連休明け、月曜日の朝に影響が出るおそれがあるため、最新の情報に注意し、13日の昼までに備えを進めるようにしてください。

気象庁によりますと、低気圧が日本の南岸を発達しながら通過する影響で、四国では13日の朝から、甲信や関東の山沿いでは13日の午後から雪が降る見込みです。

関東の平野部では降り始めは雨で、夕方ごろから次第に雪に変わり14日月曜日の午前中にかけて降る見込みです。

雪の見通しは

13日夕方にかけての24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで
▽四国の山沿いで15センチ、
▽甲信で10センチ、
▽静岡県の山沿いと関東北部、それに、箱根から東京の多摩西部、埼玉県の秩父地方にかけてで5センチ、
▽関東南部の平野部で1センチと予想されています。

その後、14日夕方にかけての24時間には
▽甲信と関東北部の山沿いで20センチから40センチ、
▽静岡県の山沿いのほか、箱根から東京の多摩西部、埼玉県の秩父地方にかけてで10センチから20センチと予想されています。

▽関東の平野部では5センチから10センチと予想され、
▽東京23区では1センチから5センチと積もるところがある見込みです。

予想より気温が下がった場合は、さらに雪の量が増えるおそれもあるとしています。

関東甲信では、10日から11日にかけての大雪で交通機関に乱れが出たほか、路面の凍結が影響したとみられる事故も起きました。
最新の情報に注意し、備えは13日の昼ごろまでに進めるようにしてください。