スノーボード 男子ハーフパイプ 平野歩夢に金メダル授与

北京オリンピック スノーボードの男子ハーフパイプで金メダルを獲得した平野歩夢選手に11日夜、金メダルが授与されました。

ソチ大会、ピョンチャン大会で銀メダリストの平野選手は、11日に行われたスノーボード 男子ハーフパイプ決勝で4回転の大技を3つ入れて、96.00をマークし、スノーボードハーフパイプで男女通じて日本選手初の金メダルを獲得しました。

メダル授与式は11日夜、河北省の張家口にあるメダルプラザで行われました。

落ち着いた足取りで会場に入った平野選手は、自分の名前が呼ばれると右手を上げて表彰台に上がり、金メダルを手に取りみずから首にかけました。

そして金メダルを少し眺めたあと、時折、笑顔を見せながら何度も右手でメダルを掲げて、会場の歓声に応えていました。

平野歩夢「夢にしていた舞台での金メダルはいい気持ち」

授与式のあと平野選手は「自分がこれまでチャレンジしてきた道のりも長かったので特別な思いがある。まだ、実感がすぐ湧き上がってきていない自分もいる。ずっと夢にしていた舞台での金メダルはすごい、いい気持ちです」とうれしそうに話しました。

そのうえで、金メダルを獲得したことについて「スノーボード自体がまだまだ、これからの競技でもある。少しでも多くの人たちにスノーボードをやってみたいなとか、夢っていいなとか、そういう風に受け取ってもらえる場所がオリンピックだと思う。少しでもおもしろさや魅力が届いたらいいなと思います」と話していました。