日銀 国債無制限買い入れへ 長期金利上昇で利回り調整

長期金利がおよそ6年1か月ぶりの高い水準となったことを受けて、日銀は金利上昇を抑えるため、指定した利回りで国債を無制限に買い入れる措置を今月14日に実施すると発表しました。

日銀は、金融緩和策の一環として満期までの期間が10年の国債の利回りを「プラスマイナス0.25%程度」の変動幅で推移するよう調節するとしています。

国債は市場で売られて価格が下がると、金利が上がるという関係にあります。

このところ、債券市場ではアメリカが金融引き締めを急ぎ、利上げの姿勢を強めるのではないかという見方から日本国債を売る動きにつながっていて、10日は長期金利が一時、およそ6年1か月ぶりの高い水準となる0.23%まで上昇し、変動幅の上限に近づいていました。

これを受けて日銀は、長期金利の上昇を抑えるため、週明けの今月14日に、指定する0.25%の利回りで国債を無制限に買い入れる「指値オペ」と呼ばれる措置を実施することを決めました。

日銀がこの措置に踏み切るのは、2018年7月以来およそ3年7か月ぶりとなります。