【気象予報士解説】関東地方は夕方から夜にかけ大雪のピークか

低気圧と寒気の影響で山梨県や長野県、それに静岡県の山沿いでは大雪となり、関東の平野部でも雪やみぞれが降っているところがあります。気象庁はこのあと東京23区などでも大雪となるおそれがあり、夕方には交通機関などに影響が出る可能性もあるとして余裕をもった行動を呼びかけています。

今後の雪の予報や注意点について正午ごろに放送した佐藤公俊気象予報士の解説です。

(動画は1分35秒です。データ放送ではご覧になれません)