福岡 嘉麻の住宅火災 遺体で見つかった4人は家族と確認

7日、福岡県嘉麻市で住宅が全焼し、5人が死亡した火事で、身元が分からなかった4人は、3歳の子どもを含む家族4人と確認されました。

7日朝、福岡県嘉麻市の会社員、坂本憲介さん(69)の木造2階建ての住宅が全焼し、大人3人と子どもとみられる1人の合わせて4人が遺体で見つかりました。

坂本さんも、やけどをして治療を受けていましたが、その後、死亡しました。

警察が身元が分からなかった4人の遺体を詳しく調べた結果、坂本さんの妻の坂本朝惠さん(66)、四女のアンナさん(28)、長男の龍太郎さん(24)、孫の想太郎さん(3)と確認されました。

警察によりますと、現場の状況などから、火は1階の居間にあったストーブ付近から出たとみられ、火事に気付いた妻の朝惠さんが2階に上がって、四女と長男、それに孫の3人に避難を呼びかけようとしていたとみられるということです。

4人の死因は急性一酸化炭素中毒などで、警察は、1階から出た火のまわりが早く4人が逃げ遅れたとみて、当時の状況を詳しく調べています。