東京23区など関東甲信あすから大雪のおそれ きょう中に備えを

低気圧と寒気の影響で10日から11日にかけて関東甲信の広い範囲で雪が降る見込みで、東京23区など関東南部の平野部でも大雪のおそれがあります。気象庁は最新の気象情報を確認し、9日中に備えを進めるよう呼びかけています。

気象庁によりますと、10日朝には東海道沖に低気圧が発生して本州の南岸付近を発達しながら東へ進み、関東甲信の上空には寒気が流れ込む見込みです。このため関東甲信や静岡県では10日から11日にかけて雪が降る見込みです。

雪の降り始めは
▽長野県や山梨県では10日の未明ごろ
▽関東南部と静岡県では10日の明け方ごろで
山沿いだけでなく東京23区など関東南部の平野部でも積もるおそれがあります。

10日の朝から11日朝までの24時間に降る雪の量は、いずれも多いところで
▽山梨県で20センチから40センチ
▽長野県と静岡県、関東北部、関東南部の箱根から多摩地方と秩父地方にかけてで10センチから20センチ
▽東京23区を含む関東南部の平野部で5センチから10センチと
予想されています。

気象庁は予想よりも低気圧が発達したり気温が下がったりした場合はさらに雪の量が増え、東京23区でも10センチを上回り大雪警報の基準に達する可能性もあるとしています。

関東では少しの積雪でも交通機関のダイヤが大幅に乱れたり、車のスリップ事故が起きたりするおそれがあります。

気象庁は最新の気象情報を確認し、大雪による交通への影響や路面の凍結に十分注意するとともに着雪による停電にも注意を呼びかけています。

冬用タイヤやチェーンの装着、雪かきに必要な装備など備えは9日のうちに進めてください。

10日の夜や11日の朝は積雪や凍結による交通の乱れも予想されます。余裕を持ったスケジュールのほか予定の変更なども検討してください。

“冬用タイヤ チェーン装着を” 緊急発表

国土交通省と気象庁は「大雪に対する緊急発表」を行い、凍結の影響などで車の立往生などの可能性があるとして車を運転する際には冬用のタイヤやチェーンを装着するよう強く呼びかけています。

緊急発表では
▽車を運転する場合には冬用タイヤやチェーンの装着を徹底するよう強く呼びかけ
▽冬用タイヤをつけている場合でもタイヤの劣化や摩耗がないか確認しておくよう呼びかけています。

大雪となった場合は不要不急の外出を控えることも必要だとしています。

雪の降り方によっては高速道路 国道など通行止めも

ことし1月、東京都心で10センチ積もるなど関東南部で大雪となった時は、首都高速道路で冬用タイヤを装着していない車が多数立往生し解消までに最大で14時間がかかったということです。

このため雪の降り方によっては
▽広い範囲での通行止めや
▽高速道路に加えて並行して走る国道なども通行止めにする可能性があるとして
う回のほか、通行ルートの見直しも求めています。
過去の大雪では大型車の立往生が大規模な交通影響につながったことから、事業用の車が冬用タイヤやチェーンを装着せずに立往生した場合、悪質なケースについては行政処分を行う可能性もあるとして、国土交通省などは十分な備えを呼びかけています。