オリンピック ショートトラック選手失格巡り提訴へ 韓国

北京オリンピックで7日に行われたスケートのショートトラック、男子1000メートルの準決勝で韓国の選手2人が失格となったことを受けて8日、韓国選手団はCAS=スポーツ仲裁裁判所に提訴する意向を明らかにしました。

7日に行われたスケートのショートトラック、男子1000メートルの準決勝では、世界記録保持者で韓国のファン・デホン選手がその組の1位でゴールしましたが失格となり、2位と3位の中国の選手がそれぞれ決勝に進みました。

そして中国のこの2人の選手がこの種目で金メダルと銀メダルを獲得しています。

さらに、別の組に出場した韓国のイ・ジュンソ選手も、2位でゴールしたものの失格となりました。

オリンピックの公式ホームページによりますと韓国選手団の団長は8日の記者会見で「スポーツはフェアプレーが大切だ。それでこそ、われわれは夢を実現することができる」と述べて7日、ISU=国際スケート連盟とIOC=国際オリンピック委員会に苦情を申し立て、今後、CASに提訴する意向を明らかにしたということです。

そしてIOCに直接、会談に応じるよう求めているとしたうえで「このようなことが二度と起きないよう、IOCに依頼するつもりだ」と述べたということです。