日本ハム 新庄監督 初の対外練習試合 古巣 阪神に勝利

プロ野球、日本ハムの沖縄キャンプで新庄剛志監督が監督になって初の対外試合となる古巣 阪神との練習試合に臨み、日本ハムが6対2で勝ちました。

練習試合は阪神のキャンプ地、沖縄県宜野座村の球場で行われ、新庄監督は選手たちに緊張感を与えるとともに、可能性を見るために、外野手の五十幡亮汰選手にショートを守らせ、サードの野村佑希選手にレフトを守らせるなどの起用をしました。

試合は1回に日本ハムの打線がつながり、7番で出場の今川優馬選手がレフト前に2点タイムリーヒットを打つなど3点を先制して、6回には代打で出場した佐藤龍世選手がレフトにソロホームランを打って追加点をあげました。

守りでは、ショートの五十幡選手がライナーの打球を飛んでキャッチするなど運動能力の高さを生かした好プレーを見せて、チームの雰囲気を盛り上げました。

新庄監督は試合の序盤はベンチに入らず、一塁側のスタンドと同じ高さにあるプレハブから選手の守備や走塁、相手ピッチャーのくせを見るなど練習試合だからこそできる動きを見せました。

このあと、新庄監督はベンチに入ると、引き上げてくる選手をベンチ前で出迎えたり、ベンチ前から外野手に守備の位置を指示したりしました。

日本ハムは攻守がかみ合い、6対2で勝ちました。

新庄監督は「選手に『違うポジションで守ってどう』と聞いたら、『めちゃくちゃ楽しかった』と言っていた。楽しんでいることが打席でのヒットにもつながっている。チームが変わってきていますね」と手応えを感じていました。