あさって東京23区などでも積雪のおそれ 早めの備えを 気象庁

低気圧が発達しながら通過するため、10日木曜日は関東の広い範囲で雪や雨となり、東京23区など南部の平野部でも積もるおそれがあります。気象庁は最新の気象情報を確認をし、備えを進めるよう呼びかけています。

気象庁によりますと、10日木曜日に東海道沖に発生する低気圧が本州の南岸付近を発達しながら東へ進み、関東付近を通過すると予想されています。

低気圧や上空の寒気の影響で、関東地方は10日から11日にかけて広い範囲で雪や雨が降る見込みです。

予想よりも低気圧が発達したり気温が下がったりした場合には、東京23区など関東南部の平野部でもまとまった雪が降り、積もるおそれがあります。

関東では、少しの積雪でも交通機関のダイヤが大幅に乱れたり車のスリップ事故が起きたりするおそれがあるほか、路面の凍結により過去には歩行中の転倒によるけがも相次いでいます。

気象庁は、最新の気象情報を確認するとともに、雪による交通への影響に注意するほか、タイヤに装着するチェーンや雪かき用のスコップなど早めの備えを進めるよう呼びかけています。