ワクチン相“1日100万回達成へ職域接種の積極活用働きかけも”

新型コロナワクチンの3回目の接種をめぐり、堀内担当大臣は、企業などに職域接種の積極的な活用を働きかけるなどして、一日当たり100万回の目標達成に向けて全力を挙げる考えを強調しました。

新型コロナワクチンの3回目の接種をめぐり、岸田総理大臣は、7日、関係閣僚に対し、今月のできるだけ早い時期に一日当たり100万回の接種を実現できるよう取り組みの強化を指示しました。

これについて堀内ワクチン接種担当大臣は閣議のあとの記者会見で「関係閣僚が一丸となって取り組んでいく。追加接種や交互接種の有効性、安全性に関する情報を積極的に発信するなど、自治体の取り組みもしっかりと応援したい」と述べました。

そのうえで、企業などに職域接種の積極的な活用を働きかけるなどして、一日当たり100万回の目標達成に向けて全力を挙げる考えを強調しました。

また堀内大臣は、接種の進捗状況を迅速かつ正確に把握することが重要だとして、自治体に対し、VRS=ワクチン接種記録システムに速やかに入力してほしいと協力を呼びかけました。

金子総務相 “地方自治体への支援に万全を”

また、金子総務大臣は、省内の会議で、今月のできるだけ早い時期に
一日あたり100万回の接種を実現できるよう、地方自治体の支援に万全を期すよう指示しました。

金子総務大臣は8日開かれた省内の会議で「地方自治体での接種の前倒しが最大限進むよう指示があった。一日も早く希望する方々への接種を進められるよう、総務省一丸となり、追加接種のペースアップに向け全力であたってほしい」と述べました。

そのうえで、地方自治体に対し、改めて追加接種の推進を要請するとともに、接種会場の準備や接種券の発送など、必要な支援に万全を期すよう指示しました。