高知県 「まん延防止」適用に向け 政府と協議始める方針

高知県では、新型コロナウイルスの新規の感染者が連日200人を超えるなど感染の拡大が続き、病床の使用率も増加傾向が続いていることなどから、浜田知事は「まん延防止等重点措置」の適用に向けて政府と協議を始める方針を明らかにしました。

高知県内では、今月に入り新型コロナウイルスの新規の感染者が連日200人を超え、医療機関や高齢者施設での集団感染=クラスターが増えていることなどから、病床の使用率も増加傾向が続いています。

これを受けて、高知県の浜田知事は7日開かれた県の対策本部会議で「医療提供体制の崩壊を防ぐという観点では、これ以上の感染拡大を抑えないといけない状況で、取り得る措置はすべて取る観点に立つ必要がある」などと述べ、県内全域を対象に、まん延防止等重点措置の適用に向けて政府と協議を始める方針を明らかにしました。

適用が正式に決まれば、飲食店などに対し営業時間の短縮などを要請し、協力した店舗には協力金が支給される予定です。

会議のあと、浜田知事は「県内の感染状況は収束の見通しが見込めない厳しい状況だが、感染拡大のトレンドに歯止めをかけるため、理解と協力をお願いしたい」と述べました。