緊張続くウクライナ ロシアの脅威に市民は?記者が現地取材

ロシアによる軍事侵攻のおそれがあると欧米が警戒を強め緊張が続くウクライナ。

国民はどのような日々を過ごしているのか?そして、国境周辺に大規模な部隊を集結させているロシアに対してどんな思いを抱いているのでしょうか?

1月下旬、現地で取材した記者の報告です。

(モスクワ支局長・権平恒志)

ウクライナを巡って何が起きている?

去年11月ごろからロシア軍がウクライナ国境周辺に大規模な部隊を展開しています。その規模はおよそ10万人とされ、アメリカ政府などが、ロシアがウクライナへの軍事侵攻を計画しているのではと警戒感を強めています。

ロシアは「侵攻する意図はない」と繰り返し主張していますが、8年前(2014年)にはウクライナ南部のクリミアを一方的に併合しました。また、ウクライナ東部ではロシアが後ろ盾となっている武装勢力とウクライナ政府軍の間で衝突に発展し、その後も散発的に戦闘が続いています。

現地の街の様子は?

まず、ウクライナの中央に位置する首都キエフを訪れました。

混乱した様子は見られず、朝、市民は氷点下の寒さの中、ふだんどおり足早に職場や学校へ向かっていました。人出も交通量も変わった様子はなく、中心部の広場も穏やかでした。
子どもたちは幹線道路脇の土手に積もった雪を滑り台にして、歓声をあげながら、そり滑りを楽しんでいました。

中心部にあるショッピングモールでは、お茶を飲みながら会話を楽しむカップルの姿や、ウクライナ伝統の弦楽器バンドゥーラを弾きながら美しい旋律で民謡を歌う女性2人の姿もありました。

店は開いているの?

キエフではレストランや店舗はどこも変わらず営業していました。

市内最大規模のスーパーマーケットには、ウクライナの伝統的なスープ「ボルシチ」に欠かせないビーツをはじめ、生鮮食料品など豊富な食材が並べられていました。

食料品などの買い占めは起きていない?

実は、ウクライナのゼレンスキー大統領は、取材に訪れる前の1月19日、国民向けのテレビ演説で「買い占めに走らないで」と呼びかけていました。具体的に挙げたのは、マッチ、それに、ウクライナの家庭料理でよく使われる、そばの実でした。
「カーシャ」と呼ばれる、そばの実の「かゆ」の食材として親しまれています。

スーパーにはそばの実を売るコーナーがあり、新型コロナの感染拡大の第1波の時にはいわゆる「巣ごもり需要」として棚からなくなったのだそうです。

今回取材に訪れると在庫は十分で、買い占めも起きていませんでした。
そばの実を買い求める人たちからは「いつもと買う量は変わりません」という声が多く聞かれました。

その一方で「国境周辺のロシア軍は脅しにすぎないと願いますが、ニュースを見ていて今後は備蓄用に多めに買うかも知れません」という人もいました。

なかには「パニックになる必要はありませんが、状況は緊迫しているので、そばの実だけは、いつもより多めに、3キロの袋を買うことにしました」と話す人もいました。

ウクライナの市民はロシアの侵攻は現実にあると思っている?

人々の話しぶりは驚くほど冷静でしたが、「ロシアはその気になれば“大義名分”を見つけて、いつでも新たに攻めてくる」という警戒感もあるようです。何人かの人が「ロシアは2014年からずっとウクライナを攻撃しているんですよ」という言葉を口にしていたのが印象的でした。
この言葉には、ウクライナの現状がよく表れています。8年前、ロシアは、軍事力を背景にウクライナ南部クリミア半島を一方的に併合。ウクライナ東部では、ロシアを後ろ盾とする武装勢力と政府軍との戦闘がいまも続いています。

私は8年前、東部の中心都市ドネツクで取材しましたが、政府軍との戦闘では多くの市民が巻き込まれて犠牲になり、女性や子ども、高齢者を中心に、多くの人たちが戦火を逃れて、着の身着のまま列車に飛び乗り避難する様子を目にしました。

市民の警戒感は高まっている?

冷静に事態の推移を見守っている人が多い一方で、特に危機感が強いのが、かつて東部での戦闘に何らかの形で巻き込まれた人たちです。
その1人が、人づてに出会った、キエフ市内に住むナターリヤ・チェレブコさんです。

夫と娘、孫の4人暮らしで、そばの実をはじめ多くの食料品や医薬品などを買いだめして部屋のあちこちに保管していました。とりわけ医薬品は、感染対策のアルコール消毒液から抗生剤や止血帯、鎮痛剤まで、2つの箱に詰め込んでいることに驚かされました。
ナターリヤさんが備えを進めているのは娘の体験を聞いているからです。

8年前、娘のワレリヤさんは東部ドネツクで暮らしていて、戦闘の激化に伴い、息子を連れてキエフで暮らす両親のもとに避難してきました。

ワレリヤさんによれば、当時ドネツクは戦闘の影響で深刻な医薬品不足に陥ったということで、ナターリヤさんは持病の薬をはじめ思いつく医薬品を備えているというのです。

ナターリヤさんはこう話していましたー。
「有事には荷物をすぐにまとめて10分、15分で退避できます。ウクライナ西部のポーランド国境か、それでも危険なら一時的に国外へ逃げるかもしれません。でも、ウクライナが国民主権のある国、独立した国であり続け、ここに住み続けられることを願っています」

また、キエフ中心部の独立広場で話を聞いた、息子がドネツクでの戦闘で大けがを負ったという女性は「国どうしが元の友好関係に戻るには100年かかる。(1991年の)ソビエト崩壊後、ウクライナにあった核兵器を国が放棄したのは、ロシアが『あなたたちを守りますよ』と約束したから。その約束を破って私たちを攻撃しているロシアと、どうして友人になれますか」と語気を強めていました。

(ウクライナとロシアはかつて「ソビエト連邦」という同じ国でした)。

自衛の動きも出ている?

ウクライナでは、ことし1月1日「国家レジスタンス基本法」という、新たな法律が施行されました。ロシアの侵攻に備えて国民一丸となって抵抗しようというのです。

この法律に沿って、有事の際には政府軍の指揮下に入る「領土防衛部隊」を育成したり、隊員が市民を対象に訓練を行ったりする動きが国内各地で広がっています。
その様子を取材しようと、キエフから南におよそ30キロの町、ウクラインカを訪ねました。

1月末に開かれた講習会は、地元の領土防衛部隊が主催し、12人が参加。半数以上は女性でした。
いざという時、自分の身や家族を守る必要があるという意識で、銃の扱い方などを真剣な表情で学んでいました。
講師を務めたのは、東部で親ロシア派との戦闘に加わった経験もあるアレクセイ・ビドメンコさん(43)。

ふだんは運送業を営んでいますが、有事の際には人口1万5000のウクラインカを守り抜くとしたうえで「誰も戦いたくはない。全員の強い気持ちを相手(ロシア)に示すことが抑止力になれば」と力を込めていました。

現地で何を感じた?

ウクライナの人たちは、表面上は落ち着いた日常を送っているように見えても、一人ひとり話を聞いていくと、多くは不安を抱えていました。

共通するのは「ロシアのプーチン大統領の真意が分からない」というものでした。

そのプーチン大統領はNATO=北大西洋条約機構をこれ以上、拡大しないことなどを法的に保証するよう求めていて、ロシアが抱く安全保障上の懸念についてアメリカなどに対応を迫っています。

ロシアの脅威にさらされるウクライナ。人々が安心して「そばの実」を食べられるようになることを願います。

(撮影:ヨーロッパ総局・山村充)