鳥取 大山で男性2人遭難 1人死亡 1人は自力下山し救助

5日夜、鳥取県の大山で2人が遭難し、1人は自力で下山して救助されましたが、もう1人は9合目付近で倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

5日夜8時前、標高1729メートルの鳥取県の大山で、一緒に登山をしていた62歳と50歳の男性から知人を介して「8合目付近で強風で動けなくなった」と消防に通報がありました。

警察の山岳救助隊などが6日朝から捜索したところ、2人のうち62歳の男性は、午前8時ごろ、6合目付近まで自力で下山しているところを救助され、警察によりますと、軽傷だということです。

もう1人は神戸市長田区の自営業、梶正典さん(50)で、午前10時半ごろ9合目付近でテントの中で意識のない状態で倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

62歳の男性は「6合目の山小屋には自力で降りたが、梶さんとは途中で別れた」と話していて、警察が遭難した状況を詳しく調べています。

気象台によりますと、大山付近は5日夜から雪が強まり、6日朝6時の時点で1メートル97センチの積雪があったということです。