国連緊急会合も一致した姿勢示せず 北朝鮮 弾道ミサイルめぐり

北朝鮮が先月30日に中距離弾道ミサイルを発射したことについて、国連の安全保障理事会は対応を協議する緊急会合を開きました。アメリカが声明の取りまとめを求めたのに対し、中国とロシアが同意せず、安保理として一致した姿勢を示すことはできませんでした。

北朝鮮は先月30日、弾道ミサイルを日本海に向けて発射し、翌日、中距離弾道ミサイル「火星12型」の発射実験だと発表しました。

これを受けて国連安保理は4日、アメリカなどの要請に基づいて対応を協議する緊急会合を開きました。

会合は非公開で行われましたが、国連外交筋によりますと、アメリカが北朝鮮に安保理決議の順守を求める声明の取りまとめを提案したのに対し、中国とロシアが現時点では同意できないという立場を示したということで、安保理として一致した姿勢を示すことはできませんでした。

会合の後、アメリカやイギリスなど安保理理事国8か国に、関係国として日本が加わって9か国が共同で声明を発表し、中距離弾道ミサイルの発射について「最近のたび重なる安保理決議違反の中でも著しく深刻なもので、地域をさらに不安定にした」と非難したうえで、北朝鮮に対し対話に戻るよう改めて求めました。

一方、中国の張軍国連大使は会合の前、記者団に対し「アメリカはこの問題を解決しようとしているが、突破口を見つけたいならもっと誠意や柔軟さを見せるべきだ」と述べ、北朝鮮への制裁の緩和など、アメリカ側が対応を改めるべきだという立場を示しました。

石兼国連大使「関係国との意思疎通に取り組む」

日本の石兼国連大使は記者団に対し「安保理が声をひとつにして明確な立場を示してほしいと訴えてきたが、今回もそういう状況に至らず残念だ」と述べました。

そのうえで「日本としては各国に対し、北朝鮮の行動は大きな脅威であるということを丁寧に説明し、少しずつ理解が得られてきていると思う。これを続けるしかない。今後も関係国との意思疎通に取り組んでいきたい」と述べました。

キム総書記 記録映画でミサイル開発を誇示

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは今月1日から、「偉大な勝利の年2021年」と題したキム・ジョンウン(金正恩)総書記の去年1年間の活動を振り返る、記録映画を繰り返し放送しています。

冒頭部分で白馬に乗ったキム総書記が海岸で太陽を眺めるシーンが放送されたあと、キム総書記が視察した被災地に住宅が完成し、住民が喜ぶ様子を紹介するなど、新型コロナや経済制裁の影響で経済が打撃を受ける中、キム総書記の実績だとしてアピールしています。

また、核・ミサイル開発についてはいずれも去年9月に行った新たに開発したとする、列車による短距離弾道ミサイルの発射や「極超音速ミサイル」だとする「火星8型」の発射など一連のミサイルの発射を放送し、ナレーションで「敵対勢力への強力な抑止力となる新しい兵器システムを開発、完成した」と誇示しています。