バイデン大統領 軍事作戦で過激派組織 IS指導者が死亡と発表

アメリカのバイデン大統領は、アメリカ軍がシリアで軍事作戦を行った結果、過激派組織IS=イスラミックステートの指導者が死亡したと発表し、引き続きテロの脅威に向き合っていく姿勢を強調しました。

バイデン大統領は3日、ホワイトハウスで演説し、アメリカ東部時間の2日夜、アメリカ軍がシリアで軍事作戦を行った結果、過激派組織IS=イスラミックステートの指導者、アブイブラヒム・ハシミ容疑者が自爆して死亡したと発表しました。

この中でバイデン大統領は「今回の作戦は彼らが世界のどこに隠れようが、アメリカはテロの脅威を取り除くことができることを証明するものだ。世界中のテロリストに『われわれは追跡し、探し出す』という強いメッセージを送った」と述べ成果を強調するとともに引き続きテロの脅威に向き合っていく姿勢を強調しました。

バイデン政権の高官によりますとシリア北西部で行われた軍事作戦はおよそ2時間にわたり、ハシミ容疑者は自宅の3階部分で爆弾を使って、一緒に暮らしていた妻と子どもらを巻き添えにして自爆したということです。

ハシミ容疑者はISの前の指導者だったバグダディ容疑者が2019年にアメリカ軍の作戦で死亡したあと、新たな指導者となっていましたが具体的に組織をどのように統率していたかなど詳しいことはわかっていません。

ISは3年前にシリアで最後の拠点を失いましたがその後もかつての支配地域のイラクやシリアでテロや襲撃を繰り返し、その過激な思想は広がったままで今も脅威は続いています。

IS指導者のハシミ容疑者とは

アブイブラヒム・ハシミ容疑者はイラク出身のISの古参のメンバーで、2019年10月に指導者のバグダディ容疑者が潜伏先のシリア北西部でアメリカの軍事作戦によって死亡したあと、後継者に選ばれました。

アメリカ国務省は、ハシミ容疑者が国際的なテロ活動を指導し、少数派のヤジディ教徒に対する虐殺や誘拐にも関与したなどとして、最大で1000万ドル、日本円にしておよそ11億4000万円の懸賞金をかけて行方を追っていました。

これまでハシミ容疑者は、表に出て映像や音声で声明を発表することもなく、ISの指導者として組織をどのように統率していたのかなど、詳しいことは明らかになっていません。

過激派組織ISの現状

過激派組織IS=イスラミックステートは、シリアの内戦などの混乱に乗じて勢力を拡大し、2014年に「イスラム国家」の樹立を一方的に宣言して、一時は、シリアとイラクにまたがる広大な地域を支配しました。

しかし、2017年にイラクの最大拠点・モスルや「首都」と位置づけてきたシリアのラッカが相次いで制圧されて弱体化し、2019年にはシリア東部に残っていた最後の拠点も失いました。

しかし、ISはその後もイラクやシリアで散発的にテロや攻撃を繰り返しています。

先月には仲間の戦闘員が収容されているシリア北東部の刑務所を200人を超えるとされるIS戦闘員が襲撃して治安部隊と6日にわたって戦闘を繰り広げ、依然、治安上の脅威となっていることを強く印象づけました。

またアジアやアフリカなどでもISの地域組織をうたうグループがテロを繰り返し、ISの過激な思想は世界各地に広がって根を下ろしています。

今回のアメリカの軍事作戦についてIS側からはこれまでのところ反応は出ていませんが、報復を呼びかけたり、各地の戦闘員や過激思想に染まった支持者がテロを起こしたりすることも懸念され、指導者を失ったあとも組織としての影響力は根強く残るものとみられます。

ハシミ容疑者が潜伏していたとされる住宅の映像

NHKは、シリア北西部のイドリブ県でISの指導者ハシミ容疑者が潜伏していたとされる住宅の映像を入手しました。

住宅は畑の中にある3階建ての建物で、周りにはほかの建物や舗装された道路は見当たりません。

一番上の階が大きく壊れ、コンクリートの破片や衣類などが散らばっている様子が確認できます。

アメリカ軍の軍事作戦を受けてハシミ容疑者は家族を巻き添えにして自爆したということで、現地の情報を集めている「シリア人権監視団」は、子ども4人を含むあわせて13人が死亡したと伝えています。

住宅の近くに住む男性は「夜中の1時ごろ、2機のヘリコプターの音が聞こえ、巡回しながら住宅を攻撃していました。誰が住んでいたのかは知らず、普通の民間人だと思っていました」と話していました。

また、別の男性は「住宅には2つの家族が住んでいて、現場を見に来たときには5、6人の遺体が目に入りました」と話していました。