大阪市 コロナ感染者の集計システムに1万2700件分入力漏れ

大阪市は、1月下旬から2日にかけて新型コロナへの感染を確認した人のうち、1万3000件近くのデータが大阪府内の新規感染者の集計に反映できていなかったと発表しました。
感染の急拡大で保健所の業務がひっ迫し、集計システムへの入力作業が追いつかなかったとしています。

大阪市によりますと、集計に反映できていなかったのは、先月下旬から2日にかけて感染が確認された人のうち、およそ1万2700件分のデータです。

このうち7000件程度については2日までに入力を終えましたが、残りの6000件程度については終わっておらず、今月6日までに入力する予定だとしています。

一方、大阪府は、大阪市の集計が遅れていた7625人について、3日の感染者の発表に反映させたとしています。

原因について大阪市は、感染の急拡大で保健所の業務がひっ迫したうえ、先月下旬に集計システムに不具合が生じたことが影響したとしています。

このほか大阪市は、先月10日以降、市内の高齢者施設などで発生したクラスターのうち、少なくとも38件について保健所で把握はしたものの、大阪府に報告ができていなかったとしています。

大阪市の松井市長は「これだけの急激な感染の拡大ですべてに対応することが非常に難しかった。マンパワーの問題だった」としています。