東京都 新型コロナ 4人死亡 2万679人感染確認 2日連続2万人超

東京都内の3日の感染確認は2万679人で、2日連続で2万人を超えました。
また、自宅で療養している人はこの1週間で3万人余り増えて初めて8万人を超えました。

東京都は3日、都内で「10歳未満」から「100歳以上」の男女合わせて2万679人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。

2万人を超えるのは2日連続です。

1週間前の木曜日の1.2倍余りで、木曜日としては最も多くなりました。

3日までの7日間平均は1万7058.6人で、前の週の1.4倍余りとなりました。

濃厚接触者で症状があり、医師の判断で検査を行わずに感染と診断された「特例疑似症患者」は395人でした。

3日の2万679人の年代別は、
10歳未満が3007人、
10代が2425人、
20代が3849人、
30代が3675人、
40代が3457人、
50代が2047人、
60代が987人、
70代が678人、
80代が416人、
90代が132人、
100歳以上が3人、
年代が分からない人が3人でした。

65歳以上の高齢者は1609人で、全体の7.8%でした。

感染経路が分かっているのは6776人で、このうち「家庭内」が4273人と最も多く、63.1%を占めています。

次に多い「施設内」は19.2%にあたる1304人で、このうち保育園と幼稚園で合わせて489人、小学校で351人、高齢者施設で175人、医療機関で74人の感染が確認されました。

「職場内」は631人で、過去最多となりました。

また、自宅療養中の人は初めて8万人を超えて8万3727人になりました。

この1週間で3万人余り増えていて、2日に続いて過去最多となっています。

宿泊療養施設に入っている人は4123人、医療機関に入院するかホテルや自宅で療養するかを調整中の人は6万4517人で、いずれも過去最多です。

一方、都の基準で集計した3日時点の重症の患者は2日より8人増えて38人となり、増加傾向が続いています。

さらに、都は、感染が確認された60代の男性1人と90代の男性1人、女性2人の合わせて4人が死亡したことを明らかにしました。

都内の病床使用率

東京都内の新型コロナの患者用の病床使用率は、2日より1.7ポイント上昇し、3日時点で53.1%になりました。

一方、都の基準で集計した重症患者用の病床使用率は2日より1.8ポイント上昇し、7.3%になりました。