入学試験で国語の解答用紙紛失 推定で合否判定 佐賀の私立高校

佐賀市内の私立高校が、入学試験を受けた36人の国語の解答用紙を紛失したため、ほかの教科の得点や中学校の調査書の内容などから点数を推定し、合否を判定していたことがわかりました。
高校は「選抜に大きな影響はなかった」としています。

佐賀市の私立佐賀学園高校は、1月20日に前期の入学試験を実施し、志願した1090人が佐賀市や唐津市など、佐賀県内の6か所の会場で国語、数学、英語の3教科を受験しました。

高校によりますと、翌日の21日に教員が採点しようとしたところ、唐津市の会場の36人分の国語の解答用紙がないことに気付いたということです。

解答用紙はその後も見つからず、高校は36人の国語の点数について、ほかの2教科の得点や受験生全員の国語の平均点、それに中学校から提出された調査書の内容を踏まえて点数を推定し、合否を判定したということです。

高校は、解答用紙の紛失について公表しないまま、合格者を発表していました。

佐賀学園高校の福地昌平校長は「被害を受けた受験生が不利にならないようにし、選抜に大きな影響はなかった」としたうえで「受験生や在校生、保護者などの信頼を裏切る結果となってしまい申し訳ありません」と謝罪しました。

高校は今後、解答用紙の枚数を確認する回数を増やすなどして、再発防止に努めるとしています。