富山の日本語学校 来年度在籍 留学生1人に コロナで入国できず

外国人の新規入国を原則停止する措置が続く中、富山市にある日本語学校では来年度在籍する留学生が1人のみになることが分かりました。
関係者は、こうした状況が続けば学校の存続にも影響が出るとしています。

「オミクロン株」による感染が世界的に広がる中、政府は外国人の新規入国を原則停止する措置を続けていて、富山県内にある日本語学校では受け入れ予定の留学生が入国できない状態が長期化しています。

この影響で、富山市にある日本語学校「富山国際学院」では、来年度在籍する留学生の数が1人のみになることが分かりました。

学校によりますと、現時点で26人が入国できずにそれぞれの国で待機していて、来年度在籍する1人も新たに入校する生徒ではなく、今年度在籍している4人のうちの1人だということです。

学校では、政府の融資制度などを利用して経営を続けていますが、この状況が続けば教師の雇用が維持できなくなり学校の存続にも影響が出るとしています。

また卒業生の中には県内で就職し、外国人のアルバイトや技能実習生をまとめる立場に就く人も多いということで、こうした人材の確保に影響が出る可能性もあります。

「富山国際学院」の宮田妙子理事長は「今の状況だと、とても経営できずギリギリ持って1年で、それ以上は難しいと思います。富山のために成長したいと思っている留学生が勉強できず、人材が失われてしまいます」と話しています。