京王電鉄 すべての駅と車両に防犯カメラ設置へ 事件受け対策

去年、京王線の車内で乗客が切りつけられるなどした事件を受け、京王電鉄は、すべての駅と車両にリアルタイムで状況を把握できる防犯カメラを設置するなどとした対策をまとめました。

去年10月、東京 調布市を走行していた京王線の車内で乗客が刃物で切りつけられるなどした事件を受け、京王電鉄は、課題となった事件の早期の状況把握や乗客の速やかな避難誘導などを踏まえた対策をまとめました。

具体的には、遠隔でもリアルタイムで状況を把握できる防犯カメラを再来年度末までをめどにすべての駅と車両に設置し、駅に緊急停車した際にホームドアと列車のドアがずれている場合でも双方のドアを開けて乗客を避難させるなどとしています。

また、非常用のドアコックなどの設備の設置場所や使い方をピクトグラムなどを活用し、分かりやすく表示する取り組みも今月から順次進めていくことにしています。

このほか、マニュアルにない異常事態やトラブルを想定した訓練も進めていくとしていて、京王電鉄は「経験したことがないような事態が発生した場合でも、駅員などがみずからの判断で適切に行動できるよう努め、安心して利用してもらえる環境づくりに取り組んでいきたい」としています。