コアラのギネス長寿記録「みどり」25歳の誕生日 兵庫 南あわじ

飼育されているコアラとしては世界最高齢の記録を持つ兵庫県淡路島の動物園のメスのコアラ「みどり」が1日、25歳の誕生日を迎え、飼育員からお祝いのユーカリのブーケが贈られました。

兵庫県南あわじ市の動物園「淡路ファームパークイングランドの丘」で飼育されているメスのコアラ「みどり」は、平成15年にオーストラリアからやってきました。

去年、飼育されているコアラとしては最高齢の記録を更新し、ギネス世界記録に認定されました。

みどりは、1日、25歳の誕生日を迎え、飼育員からユーカリを束ねたブーケが贈られるとおいしそうに食べていました。

飼育員によりますと、平均寿命がおよそ15歳のコアラにとって25歳は、人間の年齢では120歳以上にあたるということですが、みどりは自分で木登りができ、歯も丈夫だということです。

神戸市から訪れた30代の女性は「元気に誕生日を迎えてくれてうれしいです。みどりは、『コアラ界の希望の星』なので、ずっと元気いっぱいでいてほしいです」と話していました。

飼育員の平山 泉さんは、「みどりの飼育に携われることをとてもうれしく思います。兄弟のような感覚で、これからも元気に過ごせるよう生活へのケアに努めたい」と話していました。