F15戦闘機不明 海で機体の一部発見 パイロット2人の捜索に全力

1月31日、石川県にある航空自衛隊小松基地のF15戦闘機1機が、訓練飛行中に消息を絶ち、周辺の海で機体の一部が見つかりました。
防衛省は海に墜落したとみて夜を徹して捜索を続けましたが、パイロットは見つかっておらず、引き続き、捜索に全力を挙げています。

防衛省によりますと、31日午後5時半ごろ、航空自衛隊小松基地のF15戦闘機1機が、訓練のために基地を離陸したあと、基地から西北西におよそ5キロ離れた日本海上空でレーダーから機影が消えました。

この戦闘機は、「飛行教導群」と呼ばれる部隊の2人乗りの機体で、小松基地の担当者は取材に対し当時、乗っていたのはこの部隊のパイロット2人だと説明しています。

航空自衛隊によりますと、「飛行教導群」は戦闘機部隊を教育する任務に当たるため、高い技術が求められる航空自衛隊の戦闘機パイロットの中でも、精鋭が集められているということです。

防衛省や海上保安庁が捜索した結果、消息を絶った周辺の海上で31日夜、この戦闘機の外板や救命装備品のそれぞれ一部が見つかったということです。

防衛省は戦闘機が海に墜落したとみて海上保安庁とともに夜を徹して捜索を続けましたが、これまでのところパイロットは見つかっていません。

防衛省は引き続き、捜索に全力を挙げるとともに、消息を絶った詳しいいきさつをさらに調べることにしています。

消息を絶った戦闘機とみられる映像

航空自衛隊によりますと、31日はF15戦闘機4機が参加して空中戦の訓練を行う計画だったということで、NHKが小松空港に設置したカメラの映像には、午後5時半ごろ、4機が相次いで離陸する様子が映っています。

このうち最後に離陸したのが消息を絶った戦闘機とみられます。

石引基地司令コメント「操縦者を早期に発見し救助したい」

航空自衛隊小松基地のトップの石引大吾基地司令は取材に対し「住民の皆様にはご心配をおかけして申し訳なく思っています。現在全力で捜索にあたっています。操縦者を早期に発見し救助したい」というコメントを出しています。

松野官房長官「行方不明となっている2名の捜索に全力」

松野官房長官は閣議のあとの記者会見で「現場周辺の捜索を行ったところ戦闘機の機体の一部を発見し、墜落したものと考えられる。漁船などへの被害が発生したとの情報には接していないが、搭乗していた乗員2名は依然、行方不明のままとなっている。引き続き被害状況などの情報収集に努めるとともに、まずは行方不明となっている2名の捜索に全力を尽くす」と述べました。

岸防衛相「2人の救出に全力 飛行停止は予定せず」

岸防衛大臣は、閣議のあとの記者会見で「乗員2人は行方不明のままで、現在捜索中だ。引き続き、被害状況などの情報収集に努めるとともに、2人の救出に全力を尽くしていく。事故原因などもしっかり調査し、地元の方々に対しても説明を尽くしたい」と述べました。

また「航空幕僚長から、すべての航空機に対して飛行前後の点検を入念に実施することや、すべての操縦者に対して緊急手順の教育を実施することを指示した。飛行の安全に万全を期していくが、F15戦闘機の飛行停止は予定していない」と述べました。