ハンバーグ最大50円値上げへ 輸送コスト上昇などで 静岡の会社

静岡県内で30店舗余りを展開し、ハンバーグが人気の「炭焼きレストランさわやか」は、輸送コストの上昇などで牛肉の仕入れ値が上がっていることから、ハンバーグの価格を最大50円値上げすることを決めました。

静岡県内で34店舗を展開する「炭焼きレストランさわやか」は、ハンバーグが人気メニューで、来店客数のおよそ6割を東京や神奈川といった首都圏の客が占める店舗もあるなど、県外でも親しまれています。

このレストランでは、ハンバーグにオーストラリア産の牛肉を使っていますが、運営会社によりますと、原油の値上がりによる輸送コストの上昇や、アメリカや中国での需要拡大などで、牛肉の仕入れ値は去年に比べておよそ1.5倍になっているということです。
このため3月1日から、主力のハンバーグのメニューを50円値上げして、税抜き価格で1050円にするほか、ハンバーグが含まれるほかのメニューの多くも30円値上げすることを決めました。

一方、鶏肉を使ったメニューやステーキなどは、値段を据え置くということです。

運営会社の渡辺浩一執行役員は、「原材料費が上がっているため今回の値上げを決断しました。値上げですべて吸収することはできませんが、残りは自社で負担してお客さんにハンバーグを楽しんでもらいたい」と話しています。