空自 F15戦闘機1機 レーダーから消える 墜落の可能性も 防衛省

31日夕方、石川県にある航空自衛隊小松基地のF15戦闘機1機が日本海上を飛行中にレーダーから機影が消えました。防衛省は墜落した可能性もあるとみて捜索を始めるとともに情報の確認を進めています。

防衛省によりますと31日午後5時半ごろ、航空自衛隊小松基地のF15戦闘機1機が基地を離陸したあと日本海上を飛行中にレーダーから機影が消えました。

機影が消えたのは小松基地から西北西におよそ5キロ離れた日本海上で、訓練のために基地を離陸したということです。

また防衛省関係者によりますと、2人が乗っていたという情報があるということです。

防衛省は墜落した可能性もあるとみて捜索を始めるとともに情報の確認を進めています。

F15戦闘機は航空自衛隊の主力戦闘機で全国各地の基地におよそ200機が配備され、スクランブル=緊急発進などの任務に当たっています。

F15戦闘機とは

F15戦闘機は航空自衛隊の主力戦闘機です。北海道から沖縄まで全国各地の基地におよそ200機が配備されスクランブル=緊急発進などの任務に当たっています。

1人乗りのタイプと訓練などで使われる2人乗りのタイプがあり、全長およそ19メートルですべての装備を搭載した場合、重さは25トンになります。

昭和47年の初飛行から半世紀近くが経過していますが今も各国の空軍で運用されていて、最高速度はマッハ2.5に達し最大でおよそ4600キロ飛行することができます。

過去の自衛隊機の事故とは

自衛隊機をめぐっては3年前の4月に青森県三沢市の沖合で航空自衛隊の最新鋭のF35戦闘機が墜落し、パイロット1人が死亡する事故が起きています。

同じ年の2月には福岡県にある航空自衛隊築城基地所属のF2戦闘機1機が山口県沖の日本海に墜落し、パイロット2人が救助されました。

また2018年2月には陸上自衛隊のヘリコプターが佐賀県の住宅に墜落し、隊員2人が死亡しました。

2017年には
▽10月に航空自衛隊のヘリコプターが静岡県沖に墜落して隊員4人が死亡したほか
▽5月には北海道で救急患者の搬送のため函館空港に向かっていた陸上自衛隊のLR2連絡偵察機が山中に墜落し、乗っていた隊員4人が死亡しました。

このほか2011年7月には航空自衛隊のF15戦闘機が訓練中に沖縄県沖の海上に墜落し、パイロット1人が死亡する事故が起きています。

加賀市の漁港近くの人から「赤色の光が見えた」との通報

金沢海上保安部などによりますと、31日午後5時半すぎ、石川県加賀市の橋立漁港近くにいた人から「小松の海上に赤色の光が見えた。音はしなかったが爆発か事故かと思い連絡した」という通報があったということです。

その後、金沢海上保安部が航空自衛隊に確認したところ「小松基地のF15戦闘機が行方不明になっている」という情報が入ったということで、海上保安部は巡視船など3隻を現場に向かわせ捜索にあたっています。