とちおとめ約100キロ盗難か 被害の農家「泣きました」 栃木

栃木県特産のいちごの主力品種「とちおとめ」およそ100キロが、壬生町の農業用ハウスからなくなっているのが見つかり、警察は窃盗事件として捜査しています。

29日午前6時半ごろ、壬生町内の農業用ハウスで、栽培していたいちごがなくなっているのを農家の男性が見つけました。

警察などによりますと、いちごは収穫前の「とちおとめ」で、3棟の農業用ハウスから合わせておよそ108キロがなくなり、被害金額は20万円相当に上るとみられるということです。

被害に遭った農家の男性は「ちょうど大きいいちごがなって喜んでいたのに、それがなくなってしまい、力が抜けました。ぐっとこらえてそのまま作業をしたあと、うちに帰って泣きました。今後は防犯対策を考えていきたい」と話しています。

今月27日の夕方に作業を終えた際には異常はなかったということで、警察は27日の夕方から29日の朝にかけていちごが盗まれたとみて、窃盗事件として捜査しています。