立てこもり事件 遺体置かれた部屋に医師ら呼び込み襲ったか

埼玉県ふじみ野市で起きた人質立てこもり事件で、逮捕された66歳の容疑者は母親の遺体が置かれた部屋に医師を呼び込み、散弾銃で襲った疑いがあることが警察への取材で分かりました。

27日、埼玉県ふじみ野市の住宅で起きた人質立てこもり事件で、渡邊宏容疑者(66)は、人質に取った医師の鈴木純一さん(44)を散弾銃で殺害した疑いがもたれていて、29日午前、検察庁に送られました。

これまでの調べによりますと、渡邊容疑者の92歳の母親は事件前日の今月26日に死亡していて、当日は訪問診療を担当していた鈴木医師や理学療法士などクリニックの関係者合わせて7人が自宅に呼ばれていました。

その後の調べで、容疑者はベッドに母親の遺体が置かれた1階の部屋に鈴木医師などを呼び込んで、散弾銃で襲った疑いがあることが警察への取材で分かりました。

このうち散弾銃で撃たれた鈴木医師が死亡、40代の理学療法士が大けがをしたほか、別のスタッフは催涙スプレーをかけられていて、スプレーを事前に準備していた疑いもあるということです。

警察によりますと、調べに対し「母が死んでしまって、この先いいことがないと思った。医師やクリニックの人を殺して自殺しようと思った」と供述しているということです。

警察は母親への医療措置をめぐって不満を抱いていたとみていて、長年介護してきた母親の死をきっかけに事件を起こしたとみていきさつを調べています。

クリニックには死を悼む人たちの姿

鈴木医師が院長を務める埼玉県富士見市のクリニックの入り口では、花を手向けたり手を合わせたりする人たちの姿が見られました。

富士見市内に住む渡辺利夫さん(72)は、亡くなった妻が鈴木医師の訪問診療を受けていたということで、今回の事件を知って手を合わせに訪れました。渡辺さんは「鈴木さんは何かあれば深夜の1時でも家に来てくれ、妻の診療をしてくれました。妻は亡くなってしまいましたが先生にお会いできたことを本当にうれしく思います。なぜこんな事件に巻き込まれてしまったのか全く分からず、本当に悲しいです」と涙ながらに話していました。

また、自身と父親が鈴木医師の診療を受けたことがあるという女性は「自分の時間を犠牲にしてでも患者と家族のことを考える先生で、誰も悪く言う人がいないくらい人徳がありました。話をよく聞いてくれて分かりやすく丁寧に説明してくれ、恨みをかうような人ではなかったです」と話し、突然の死を悼んでいました。

発生・突入時の状況

母親が死亡した翌日、容疑者に呼びつけられ、鈴木医師などクリニックの関係者7人は自宅を訪ねました。

容疑者は鈴木医師たちを亡くなった母親の遺体がある6畳の和室に招き入れたとみられます。

この部屋でどのようなやりとりがあったかはわかっていませんが、容疑者は散弾銃を発砲。

鈴木医師と理学療法士の男性が撃たれました。

催涙スプレーも使われました。
警察によりますと鈴木医師は胸を撃たれ、即死状態だったとみられ、理学療法士の男性は銃弾を受けて重傷を負いながら他の関係者とともに外に逃げました。

このあと玄関にカギをかけ立てこもった容疑者。

立てこもりを続ける容疑者の説得にあたったのは「ネゴシエーター」と呼ばれる交渉役の捜査員でした。

やりとりは電話で行われ、容疑者の側から要求はありませんでした。

一方、鈴木医師とは直接話をすることはできず捜査員が状態を尋ねると「大丈夫」とか「救助してもらいたい」と答えることもあれば、「動かない」と反対のことを言うこともあったといいます。

説得を続ける中、応答はなくなります。

事件発生からおよそ11時間がたった午前8時ごろ、捜査員が玄関から住宅内に突入します。
和室に入ると向かって左側に鈴木医師が仰向けに倒れていました。
向かって右側には母親のベッドがあり、容疑者はこのベッドと窓の間の隙間にうずくまっていて警察が確保する際、抵抗はしなかったといいます。

散弾銃は母親のベッドの上に置かれていたということです。