埼玉 立てこもり事件 母親への医療措置で医師に強い不満か

埼玉県ふじみ野市で起きた医師を人質にとった立てこもり事件で、逮捕された容疑者は、高齢の母親への医療措置をめぐって医師に強い不満を抱いていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
母親が死亡した翌日に事件は起きていて、警察は関連について捜査しています。

埼玉県ふじみ野市の無職渡邊宏容疑者(66)は、27日の夜、医師の鈴木純一さん(44)さんを人質にとって立てこもり、およそ11時間後に殺人未遂の疑いで逮捕されましたが、鈴木医師は散弾銃で胸を撃たれていて、死亡しました。

これまでの調べによりますと、容疑者の92歳の母親は数年前から鈴木医師が在籍するクリニックを利用し、訪問診療を受けていましたが、栄養をチューブで送る「胃ろう」を在宅で受けられないことに強い不満を抱き、医師会に何度も苦情を寄せていたことが捜査関係者への取材で分かりました。

母親は今月26日に死亡し、その翌日にクリニックの関係者7人が呼び出されて事件が起きていることから、警察は関連を捜査しています。

警察によりますと、調べに対し黙秘しているということです。

事件直後の様子を目撃した男性は

近所の男性によりますと、事件当時、何か文句を言っているような声が聞こえたあと、銃声がしたため外に出ると人が血を流して倒れていたということです。

男性は、周りの人と協力して警察に通報したり声をかけて励ましたりしたということで「倒れていた人は痛い、痛いと叫んでいました。容疑者はどうしてこんなことをしてしまったのか」と話していました。

献花に訪れた夫婦は

事件現場の近くでは、父親が鈴木医師の訪問診療を受けていたという夫婦が花を手向け、冥福を祈っていました。

夫婦は「患者の要望を親身に聞く優しい先生でした。お父さんも先生のおかげで頑張れました。ものすごく残念な気持ちでいっぱいです」と話していました。