ウクライナ情勢 ロシア外相 「国益の無視は認められない」

緊張が続くウクライナ情勢をめぐり、ロシアのラブロフ外相は「国益が踏みにじられ、無視されることは認められない」と述べ、NATO=北大西洋条約機構を拡大させないことなど、ロシアの要求をアメリカは受け入れるべきだと改めて強く迫りました。

ウクライナ情勢をめぐり緊張が続く中、ロシアのラブロフ外相は28日、地元メディアのインタビューで「ロシア次第だとすれば、戦争は起こらない。しかし、軍事行動を誘発したがっている人がいることは排除しないし、ウクライナ政府は軍を制御できていない」と述べ、ロシアがはじめに侵攻に踏み切ることはないとする一方、ウクライナ側が緊張を高めていると主張しました。

そして「国益が踏みにじられ、無視されることは認められない」と述べるなど、NATOの加盟国を増やしてきたこれまでの欧米の対応を批判するとともに、これ以上NATOを拡大させないことなど、ロシアの要求をアメリカは受け入れるべきだと改めて強く迫りました。

一方、ラブロフ外相は、要求に対するアメリカ側の回答について「合理的な点もある。信頼醸成の措置や国境付近での軍事演習は行わず緊張を緩和させることなど、これまで無視されてきた要求も含まれている」と述べ、話し合いを続ける姿勢も示しました。

また、アメリカがロシアに対して大規模な経済制裁を警告していることに対し「欧米側の金融や経済システムからわれわれを完全に切り離すような制裁を科せば、関係は完全に断絶されるだろう。誰にとっても利益にならない」と批判しました。