埼玉 立てこもり事件 医師は散弾銃で撃たれ死亡 容疑者は黙秘

27日夜、埼玉県ふじみ野市の住宅で散弾銃を持った66歳の容疑者が医師を人質にとって立てこもった事件で、警察は28日朝、身柄を確保し、殺人未遂の疑いで逮捕しました。
医師は撃たれて、心肺停止の状態で病院に運ばれましたが死亡し、警察は事件の詳しいいきさつを調べています。

27日午後9時ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の住宅で、散弾銃を持った住人の男が医師を人質にとって立てこもりました。

警察は説得を続けていましたが、およそ11時間がたった28日午前8時ごろ住宅内に突入してこの家に住む渡邊宏容疑者(66)を確保し、医師に散弾銃を発射した殺人未遂の疑いで逮捕しました。

人質になっていたのは、地元のクリニックの医師、鈴木純一さん(44)で、心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、死亡しました。

警察などによりますと、容疑者は92歳の母親を1人で介護していましたが、26日に死亡していて、27日夜は、容疑者に呼び出される形で、主治医だった鈴木医師と理学療法士、看護師などクリニックの関係者7人が弔問のために訪れた際に襲われたとみられています。

散弾銃で撃たれたのは、鈴木医師と40代の理学療法士の男性で、男性も重傷だということです。

警察によりますと、調べに対し渡邊容疑者は黙秘しているということです。

散弾銃は2丁所持していたということで、警察は捜査本部を設置し、事件のいきさつや動機について解明を進めることにしています。

現場の住宅で何が

事件が起きたのは27日の夜9時ごろでした。

「男性が倒れている」とか「発砲音がした」という通報が警察と消防に相次ぎました。

救急隊員が駆けつけると、40代の男性が胸の辺りを撃たれて住宅の玄関先で倒れていました。

住宅の中では、散弾銃を持った渡邊容疑者が鈴木医師を人質にとって立てこもっていました。

銃が使われたことから、警察は現場の周辺数百メートルにわたって立ち入りを規制するとともに住民に近くの中学校に避難するよう呼びかけました。

容疑者の説得にあたったのは「ネゴシエーター」と呼ばれる交渉役の捜査員でした。

やり取りは電話で行われましたが、鈴木医師と直接話をすることはできませんでした。

捜査員が鈴木医師の状態を尋ねると「大丈夫」とか「救助してもらいたい」と答えることもあれば「動かない」と反対のことを言うこともあったといいます。

捜査員が説得を続ける中、応答はなくなり、事件発生からおよそ11時間がたった28日午前8時ごろに捜査員が住宅内に突入します。

容疑者は和室のベッドと窓の間に身を隠していて、抵抗はしなかったということで、殺人未遂の疑いで緊急逮捕されました。

鈴木医師は、同じ部屋であおむけに倒れていたということです。

鈴木医師の患者の女性「本当にショック」

亡くなった医師の鈴木純一さんが勤めていた埼玉県富士見市のクリニックには鈴木さんの死を悼み手を合わせる人の姿が見られました。

富士見市に住む54歳の女性は、自分の父親が亡くなるまでの2年間、鈴木医師の訪問診療を受けたほか、自身も糖尿病の治療のため鈴木医師が診療を担当する別の病院に通っていたということです。

鈴木さんは気さくで明るく、とても優しい人柄で多くの患者から慕われていて、病院はいつも予約で埋まっていたといいます。

女性は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今月予定していた診療が延期になり来月、鈴木さんに会えることを楽しみにしていたということです。

女性は「父が亡くなるまで本当に親切にしてくれて、自分の病気が分かったときも、『僕でよければ診てあげるよ』と言ってくれたので、鈴木さんにはずっとお世話になってきました。いつも親身になって悩みを聞いてくれて、常に優しく前向きなことばをかけてくれるとてもいい人でした」と話していました。

そのうえで「人のためにと治療に心血を注いでいた方がどうしてこんな形で命を落とさなければならないのか、本当にショックです」と時折涙を流しながら話していました。

鈴木医師の訪問診療受けた女性「命をむだにせず生きる」

去年8月、新型コロナウイルスに感染し、自宅療養を余儀なくされたときに鈴木純一医師の訪問診療を受けた埼玉県内の40代の女性は、呼吸の状態が悪い中、鈴木医師の診療で安心できたということで、事件を受けて「本当に悔しいです。先生がつないでくれた命をむだにせずに生きていこうと思います」と話しました。

女性は、感染拡大の第5波で、医療体制が危機的な状況となっていた去年8月、新型コロナに感染したあと、血液中の酸素の値が低下し、「中等症2」に当たる状態になりました。

救急車で搬送されたものの、入院できる病院が見つからずに自宅に戻ることになり、その後、保健所から依頼を受けた鈴木医師が自宅を訪れたということです。

女性は酸素投与などを受け、自宅での療養中、何度も鈴木医師の訪問診療を受けたということです。

女性は「玄関を開けたときに『大丈夫か!』と言われ、その一声で本当に安心しました。もうろうとした中でも、そのことばを信じて頑張ってみようと思いました。防護具を着て汗だくで処置をしていた姿が印象的で、自分の体よりも待っている患者のために、常に汗をかいている人でした」と振り返りました。

女性の自宅を訪問する時間は鈴木医師が通常の診療を終えた午後10時半から11時ごろだったということで、女性は「遅くなっても必ず行くからと約束してくれ、帰り際にもいつも『一緒に頑張ろう』と励ましてくれました。病気を治すために頑張ろうという気持ちや生きようとする力は先生によって違うんだと改めて分かりました」と話していました。

女性は現在は体調も戻ったということで「先生によって助けられた人はたくさんいると思うので、本当に悔しいです。まだまだやりたいことがたくさんあったと思いますが、先生がつないでくれた命をむだにせずに生きていこうと思います。本当にありがとうのひと言です」と話していました。

鈴木医師を知る人「優しい先生」

母親が亡くなった医師の鈴木純一さんの在宅医療を受けたという50代の男性は「患者の気持ちを第1に考えてくれる優しい先生で、自分の親が亡くなったのと同じくらいショックを受けています」と話しました。

埼玉県三芳町の50代の男性は4年前、末期の肺がんだった母親が入院先の病院から在宅医療に切り替えた際、鈴木医師を紹介されたということです。

鈴木医師はいつでも連絡してもいいと優しく声をかけてくれ、男性の母親が亡くなるまでのおよそ1か月半の間、昼夜問わず、駆けつけてくれたということです。

男性は、当時を振り返り「少しでも母のつらさや痛さ、苦しみが和らぐよう、患者の気持ちを第1に考えてくれる優しい先生で、母も先生の顔を見るとほっとして、本当にお任せして治療を受けていました。鈴木先生が亡くなったことは大きな損失だと思いますし、残念でなりません。自分の親が亡くなったのと同じぐらいショックを受けています」と述べ、鈴木医師の突然の死を悼みました。