埼玉 立てこもり事件 人質となった医師が死亡

27日夜、埼玉県ふじみ野市の住宅で猟銃を持った66歳の容疑者が医師を人質にとって立てこもった事件で、警察は28日朝、身柄を確保し、殺人未遂の疑いで逮捕しました。医師は心肺停止の状態で病院に運ばれましたが死亡し、警察は詳しいいきさつを調べています。

27日午後9時ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の住宅で、猟銃を持った住人の男が医師を人質にとって立てこもりました。

警察は説得を続けていましたが、およそ11時間がたった28日午前8時ごろ住宅内に突入し、この家に住む渡邊宏容疑者(66)の身柄を確保し、医師に対する殺人未遂の疑いで緊急逮捕しました。

人質になっていたのは、地元のクリニックの医師、鈴木純一さん(44)で、心肺停止の状態で病院に運ばれましたが、死亡しました。

捜査関係者によりますと、27日夜は、容疑者の家族が死亡したことを受けて、主治医だった鈴木医師と理学療法士、介護士などが弔問のために訪れていて、その際に襲われたとみられています。

このうち40代の理学療法士の男性は銃で撃たれて重傷だということです。

この男性について当初、消防などへの取材で「看護師」としていましたが、その後、理学療法士であることが警察で確認されました。

また、30代の男性介護士は催涙スプレーをかけられて目にけがをし、その後、警察署に駆け込んだということです。

住宅内からは猟銃が押収されたということで、警察は捜査本部を設置し、事件のいきさつや動機について解明を進めることにしています。

元自治会長「住民ともほぼ交流なかった」

渡邊容疑者の家の隣に住み以前、地域の自治会長を務めていた91歳の男性によりますと、容疑者は3年ほど前にこの地域に引っ越してきて、高齢の母親を1人で介護していたということです。

自治会長をしていた男性を訪ねてきたときには、「母親が病気のため自治会の活動などに出ることは難しい」と話していたといいます。

また、週に3回ほど訪問介護の車が来ていたということです。

男性が自治会の会費の回収などで自宅を訪ねてもほとんど会うことはできず、地域の住民ともほぼ交流はなかったということです。

容疑者の印象について男性は、「落ち着いて整然と話をしていた印象でした。銃を持っていたことも知らなかったので、このような事件が起きてとても驚いています」と話していました。

亡くなった鈴木医師とは

亡くなった鈴木純一 医師は、およそ10年前から埼玉県富士見市などで高齢者を中心に訪問診療を行っていて、新型コロナウイルスの第5波で感染が拡大した去年夏には、病院に入院できず自宅での療養を余儀なくされたコロナ患者の診療も行っていました。

鈴木医師は、内科などが専門でおよそ10年前から埼玉県内で在宅医療に取り組んでいて、NHKは去年9月、デルタ株の感染拡大で患者が急増したため、入院できずに自宅で療養するコロナ患者の自宅を訪問して診療する様子を取材しました。

当時は、症状が重くても入院できない自宅療養のコロナ患者が急激に増えていて、鈴木医師は保健所からの依頼を受けて患者の自宅を訪問していました。

鈴木医師は、通常の在宅診療を終えた夜9時ごろに車で診療所を出て、連日、深夜まで患者の診療に当たっていました。

去年8月中旬からの3週間だけでも40人以上を診療していたということで、当時のNHKの取材に対し、できるかぎり自宅療養者の支援を続けたいと語っていました。

呼吸の状態が悪化しながら自宅療養を余儀なくされた患者に対する医療について、鈴木医師は「急に動けなくなって体が思うようにならない、自分の体が壊れてしまうように感じるのは恐怖だと思う。これからも依頼があったら助けたいです」と話していました。

医師会会長「熱い先生」

鈴木医師が入会していた東入間医師会の関谷治久会長は「鈴木先生は自分の時間を犠牲にしてもやり遂げる熱い先生という印象でした。難病患者の自宅に行って、ここまでやるかというくらい、家族に寄り添う先生でした」と話していました。

鈴木医師は、コロナ禍での在宅診療も精力的に行っていたということで、「第5波では管内のコロナ患者の在宅診療のほとんどを鈴木先生にお願いしていました。患者さんにも家族にも寄り添っていた先生を失ったことはことばに表せないくらいショックです」と話していました。