サッカーW杯アジア最終予選 日本はグループBで2位維持

サッカーのワールドカップアジア最終予選は第7戦が行われ、日本が入るグループBは首位のサウジアラビア、2位の日本、3位のオーストラリアの上位3チームがいずれも勝ち、順位に変動はありませんでした。

サッカーのワールドカップカタール大会のアジア最終予選で、グループBの日本は27日夜、埼玉スタジアムで中国と対戦して2対0で勝ち、通算成績を5勝2敗としました。

また、首位のサウジアラビアはオマーンを1対0で破ったほか、3位のオーストラリアはベトナムに4対0で勝ち、上位3チームがいずれも勝ち点3を獲得しました。

この結果、順位に変動はなく、各チームの勝ち点は、
首位のサウジアラビアが「19」
2位の日本が「15」
3位のオーストラリアが「14」
4位のオマーンが「7」
5位の中国が「5」
最下位のベトナムは「0」です。
日本は来月1日にさいたま市の埼玉スタジアムで首位のサウジアラビアと対戦します。

一方、グループAでは首位のイランがイラクを1対0で破って勝ち点を「19」に伸ばし、3試合を残して2位以内を確定させました。

この結果、イランはアジア最終予選で一番乗りでワールドカップの出場権を獲得しました。